子供の身長を伸ばす方法をあたくしが明らかにします

まず子供の身長を伸ばす方法に確定的な手法はないと理解することが大切です。その上であたくしが背が伸びる可能性の高いアプローチのしかたを教えます。

身長を伸ばす睡眠の取り方

身長を伸ばすために睡眠の質にこだわろう

投稿日:

身長,伸ばす,睡眠

身長を伸ばすためには睡眠の質が大切

身長を伸ばす要素として「運動」「食事」「睡眠」の3つが大切だとされています。

その中でも睡眠に関しては運動や食事よりも改善しやすいものですから、身長を伸ばすために取り掛かるのであれば、睡眠からがおすすめだと思います。

睡眠というと「寝る子は育つ」という故事を思い出しますから、単純に長く眠ればいいのだと考えがちなのですが睡眠の質を語る場合には長さではなくその深さが大切だとされています。

ここでは睡眠の質にこだわることで間接的に身長を伸ばすための改善方法についてご紹介していきたいと思います。

睡眠の身長に関する働き

一般的に身長を伸ばす働きをする成長ホルモンは22時から深夜2時までに多量に分泌されると言われていますが、これには諸説あり最新の研究では成長ホルモンの分泌に時間は関係ないと言われていたりもします。

しかし身長を伸ばすための骨の成長は寝ている間に行われると言われていますし、成長ホルモンの分泌とは別にしても、睡眠というのは成長を支える大事な要素だと言えます。

身体の成長というのは身体の機能がすべて正常に働いていないといけないものなので、睡眠を規則正しく行うことは身体の調子を整える上でも重要ですし、22時という時間は次の日の寝不足を防止するためにも最適な時間ではないかと思います。

寝不足で身体の調子が悪くなればもちろん成長に影響が出ますし、無意識にストレスがたまってしまいますから、身長を伸ばすためには悪影響なのですね。

成長ホルモンの話は置いておいても、やはり22時くらいまでには就寝するような生活リズムを心掛けるほうが身長を伸ばすためには大切だと思います。

身長を伸ばすためには何時間くらい寝ればいい?

身長,伸ばす,睡眠

俗説では睡眠時間は8時間以上が望ましいとされていますが、個人差を考えると医学的にあまり根拠がない言説です。

あまりに長い時間寝ると逆に睡眠の質が低下するという学説もありますので、寝不足を解消しようとして休日に長く寝てしまうのは身長のためによくないと言えます。

睡眠時間で考える場合に大事なのは寝始めてからの3時間だというのが、最近の研究による学説で、入眠から2~3時間ほどの間に眠りの深度が深くなることで「徐波睡眠」というものに入り、このときに成長ホルモンの分泌が通常時より増大すると言われています。

この徐波睡眠にスムーズに到達するためには、寝る前のリラックス状態が大事で、脳が興奮状態にあるとうまく徐波睡眠に入れないのですね。

ですので以下の点に注意して寝ることが必要となってきます。

  1. 寝る直前までテレビやスマホなどの画面を見ない。
  2. 寝る直前まではなるべくSNSやLINEなどのリアルタイム性のあるサービスはやらない
  3. 寝る1時間前くらいに入浴する
  4. 日中に適度な運動をしておく
  5. 夕食や間食は寝る2時間前までに済ませる
  6. 寝る以外でベットに入らない
  7. できる限り昼寝は避ける

以上の7点に気を付けることで睡眠開始の3時間でスムーズに徐波睡眠に移行でき、身長を伸ばすための成長ホルモンの分泌を確保することができるようになります

まずは睡眠により規則正しい生活習慣を身につける

食事による栄養バランスや適度な運動は身長のために大切な要素ですが、これらがうまく行えていても睡眠がしっかりとなされていないと台無しになってしまいます。

栄養バランスはサプリメントで補助できますし、運動は子供の場合学校で補えますが、睡眠に関しては遊びがインドア化した現代では規則正しく行いにくくなっています。

スマホやゲームなどの激しい光や強い光は脳を興奮状態にしやすいため、睡眠の障害になりやすいので、日頃から睡眠の大切さを話し合っておき、規則正しい睡眠習慣に関する理解を深めておきましょう。

▽▽身長を伸ばすための最も適切なアプローチ方法を解説!
子供の身長を伸ばす方法をあたくしが明らかにします

-身長を伸ばす睡眠の取り方
-, ,

Copyright© 子供の身長を伸ばす方法をあたくしが明らかにします , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.