子供の身長を伸ばす方法をあたくしが明らかにします

まず子供の身長を伸ばす方法に確定的な手法はないと理解することが大切です。その上であたくしが背が伸びる可能性の高いアプローチのしかたを教えます。

身長を伸ばすホルモン

身長を伸ばすために大切なホルモンについて

投稿日:

身長,伸ばす,ホルモン

身長を伸ばすために大切なホルモン

ホルモンといっても現在発見されているだけで100種類以上あるとされていますが、身長を伸ばすためには栄養バランスのとれた食生活とともに、そのホルモンに関しても知っておくことが大事です。

身長に関わるホルモンとしては有名な成長ホルモンのほかに、性ホルモン甲状腺ホルモンがあります。

これらについての知識を深めて、身長を伸ばすために何が大切なのかを学びましょう。

身長を伸ばすために必須の成長ホルモン

成長ホルモンと言うと、成長期の子供の身体に大量に分泌されているものですが、実は大人の身体にも常に分泌されているものなのです。

脳下垂体から分泌される成長ホルモンは、筋肉を強くしたり内臓を大きくしたり、そして身長を伸ばすための骨の成長にかかせない骨瑞線を大きくするのに欠かせないホルモンで、まさに身体の成長のために大活躍する大切なものなのです。

成長ホルモンの分泌を促進するためにはアルギニンというアミノ酸の一種が効果的とされていますが、適度な運動によっても同様の効果を得ることができます。

負荷の少ない有酸素運動は脳下垂体を刺激してくれますので、ウォーキングやランニングなどがおすすめな運動となります。

成長ホルモンは睡眠中に分泌されるものですから、睡眠の質にこだわることも大切です。寝る直前の飲食やカフェインの摂取を控え、スマホなどの光の刺激を抑えることで睡眠が深くなり、連動して成長ホルモンの分泌が促進されます。

適度な運動による身体の疲労も睡眠の質を上げるのに一役買いますから、運動と睡眠は成長ホルモンの分泌のために生活習慣にしっかりと取り入れていきたい要素なんです。

性ホルモンを抑えて成長期を持続させよう

身長,伸ばす,ホルモン

次に取り上げるのは性ホルモンですが、これは男性ホルモン女性ホルモンという名前で有名ですね。

これらはその名のごとく男性器や女性器に大きな影響を与え、男の子は男性に、女の子は女性に近づけるための身体の発育を司るホルモンなのです。

ですから成長ホルモンと反対に、性ホルモンが分泌されすぎると成長期が終わってしまうというホルモンなのです。

仮に身長の伸びしろがまだ残っていたとしても、性ホルモンの分泌が活発になってしまうと、身体は成長期が終わったと判断して、それ以上身長を伸ばすことができなくなってしまうのですね。

このような性ホルモンですが、日本人であれば15歳中学3年生あたりで活発化してしまうので、成長期は18歳くらいまでとされていますが、身長の伸びはこのあたりで落ち着きだしてしまうのです。

強いストレス環境や、睡眠時間の不足、肥満傾向などで性ホルモンの分泌が促進されてしまうとされていますから、子供の精神的な成長をよく見ながらストレスをかけないようなケアが大切ではないかと思います。

甲状腺ホルモンも成長には大切

最後に紹介するのは甲状腺ホルモンですが、あまり聞き慣れない名前ですよね。

喉のあたりにある甲状腺という気管から分泌されるのがこの甲状腺ホルモンで、新陳代謝を活発にする働きがあるホルモンなのです。

新陳代謝が活発であればこそ、摂取した栄養素が身体中にしっかり運ばれるわけですから、成長というものの土台となるものなんです。もちろん身長を伸ばすために必要な骨の成長も新陳代謝の一環ですから、重要なホルモンだと言えます。

骨の代謝が活発になると、密度が増し骨が伸びやすくなるので、身長に与える影響としては成長ホルモン以上に大事だと言えるのですが、これは低身長症の原因として甲状腺ホルモンの異常が深く関わっていることからも証明されています。

甲状腺ホルモンの正常な分泌のためにはヨードを含む食品を食べることが大切です。

▽▽身長を伸ばすための最も適切なアプローチ方法を解説!
子供の身長を伸ばす方法をあたくしが明らかにします

-身長を伸ばすホルモン
-, ,

Copyright© 子供の身長を伸ばす方法をあたくしが明らかにします , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.