子供の身長を伸ばす方法をあたくしが明らかにします

まず子供の身長を伸ばす方法に確定的な手法はないと理解することが大切です。その上であたくしが背が伸びる可能性の高いアプローチのしかたを教えます。

身長と遺伝の関係

身長を伸ばすのに遺伝はどれくらい関係あるの?

投稿日:

身長,伸ばす,遺伝

身長を伸ばすことに遺伝はどれくらい関係があるのか

身長に関して悩みを抱く人が気にするのに遺伝の話がありますね。

簡単に言うと、両親が小柄な場合本人も小柄になるということですが、この遺伝は身長を伸ばすことにどれくらい関係があるのでしょうか。

諸説あり数字に違いがあるのですが、一般的には身長に関しての遺伝の割合は20~25%とされています。つまり残り75%は後天的な要素で決まるということです。

例えばお子さんの身長を伸ばしたいと考えている親御さんでも、自分が小柄だからと諦めてしまうのは早いのですね。75%は食生活、生活習慣の環境を整えてやることで改善することができるということです。

歴史的にみても身長を伸ばすことに遺伝はあまり関係ない?

身長を決定するのに遺伝がすべてではないことは歴史的にみても確かなことなのです。

国民の平均身長が非常に高いと言われるのはオランダなのですが、オランダ人の成人男性の平均身長はなんと184cmもあるのです。

遺伝が身長を決めてしまうのであればオランダ人は大昔から高身長であったはずですが、実は200年くらい前まではヨーロッパでも有名なくらい小柄な人が多い国だったのです。

オランダの軍が残している記録によると、150年間で平均身長が20cmも伸びているということなのですね。

身長を伸ばすことに遺伝があまり関係ないのであれば、何故オランダ人の平均身長が伸びたのか。

要因としては、酪農国のため乳製品を日常的に沢山食べること、欧州では1970年ごろまで成長ホルモン剤を使用して育てた草を牧畜に食べさせていたため間接的にその肉を食べる人が成長ホルモンを摂取していたこと、民主化によって国が富み庶民が裕福になっていったことによる食生活の栄養改善が進んだこと、などが関係していると考えられています。

つまり遺伝による影響以上に、食生活の改善が平均身長を伸ばすことに影響しているのではないかということなのです。

日本でも同じように遺伝の影響は少ない

身長,伸ばす,遺伝

オランダでの話は海外のことですが、よく考えてみてください。日本でも同様のことが歴史的に起ってきたのです。

文部科学省が行っている学校保健統計調査の統計結果から数字を読み取ってみると、平均身長はおよそ10~14cm伸びているのです。これは14歳から18歳までの成長期の子供のデータですから、いかに遺伝の身長への影響が少ないかよくわかると思います。

実際に両親の両親となると小柄な人が多いですし、世代を重ねるごとに身長が高くなってきているのは身近な人間でもよく目にするので分かるのではないかと思います。

日本人の平均身長が伸びていることに関して、やはり戦後の復興により洋食の文化が入ってきて食生活の面で栄養の改善が行われたことが理由だとされているのですね。

オランダの例からも分かるように、身長を伸ばすための要素として栄養面での改善が最も効果があり、実際に結果としてデータが出ているということなのです。

遺伝のせいにして諦めないことが大切

遺伝の影響がいかに少ないかの話をしてきましたが、それでも遺伝的に身長の限界点はある程度決定されるもので、両親よりも極端に大きくなるということはありません。

しかし栄養面での改善をしっかり行うことで限界点を超えることができるのも事実ですから、大切なのは遺伝のせいにして諦めてしまわないことではないかと思います。

身長を伸ばすということはすぐには結果がでないので、諦めてしまいたくなる気持ちもわかりますが、その後の人生を決定してしまうかもしれないのが身長ですから、できる限りの努力を続けていくことが大事ではないでしょうか。

特にお子さんの身長を伸ばしたいと思うのであれば、親であるあなたが諦めてしまうのはもったいないことだと思いますよ。

▽▽身長を伸ばすための最も適切なアプローチ方法を解説!
子供の身長を伸ばす方法をあたくしが明らかにします

-身長と遺伝の関係
-, ,

Copyright© 子供の身長を伸ばす方法をあたくしが明らかにします , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.