子供の身長を伸ばす方法をあたくしが明らかにします

まず子供の身長を伸ばす方法に確定的な手法はないと理解することが大切です。その上であたくしが背が伸びる可能性の高いアプローチのしかたを教えます。

成長期に身長を伸ばす方法

身長を伸ばすのは中学生のときの生活習慣

投稿日:

身長,伸ばす,中学生

身長の伸ばすために中学生の頃の生活が大切

身長を伸ばす子供の成長期の中でも、最も大切なのは中学生の頃です。

というのも小学生の頃はまだ幼いため食事の量は少なく、身長を伸ばすための必須要素である運動に関しても負荷の大きいものは行えません。

逆に高校生の頃になると性ホルモン分泌が活発になってきますから、成長ホルモンと競合し思ったよりも身長が伸びないことが多いのです。

ですから個人差があることではありますが、身長を伸ばす努力や改善を行うなら中学生の頃が一番良いタイミングだと言えるのですね。

子供の成長を心配し悩んでいる親御さんは、中学生の頃の生活習慣や食生活に気を配ってあげて欲しいのです。

成長ホルモンの活動が効果的なのは中学生の間まで

脳下垂体から分泌されるという成長ホルモンは、子供が身長を伸ばすための原動力となるホルモンで、身長を伸ばすための努力や改善はこの成長ホルモンを活発に働かせるために行っていかなければなりません。

しかし、子供が高校生くらいになると成長ホルモンと同時に性ホルモンの分泌も活発になり始めるため、身長の伸びにブレーキがかかってくるのです。

性ホルモンとは皆さんご存知の男性ホルモンと女性ホルモンのことで、子供から大人へと身体を変えていくホルモンなのです。

男子であれば、筋肉質でがっしりした逞しい身体にし、女子であれば乳房が大きくなり丸みをおびた身体になっていくのですね。

この性ホルモンの活動が活発化すると身体は大人になるための準備を始めてしまい、身長を伸ばす成長の方をストップさせようとするのです。

このようなホルモンの働きを考えると、子供の身長を伸ばすための食生活や生活習慣の改善は中学生の頃に確立しておかないと、間に合わないということになるのです。

生活習慣が乱れやすいのも中学生の頃

身長,伸ばす,中学生また中学生のころはホルモンのバランスからも分かるように、子供と大人の中間の年代と言えると思います。

社会性が芽生えてきて人間関係も複雑化し、大人同じようなことを考えたり行動したりし始めますが、精神的にはまだ幼さが残るためその不安定さから様々な悩みや周囲への反発が生まれてくるのが中学生です。

そのため睡眠習慣や食生活が乱れやすく、またその改善に親と一緒に取り組むことを受け入れたがらなかったりと、身長を伸ばすためには問題が多い年頃ではないかと思います。

生活習慣の乱れは早熟化を進行させる効果があり、前述した性ホルモンの分泌が前倒しされるおそれがありますので、しっかりと子供の心のケアに心を砕かないといけないのが中学生という年代だと言えます。

中学生のころこそ睡眠の質に注意

精神的に不安定な中学生のころは、活動の領域が広がり歯止めが利かなくなってくることも多いでしょう。

特に昨今はスマホが普及し中学生ごろから持ち始める子供も多いため、SNSなどのネットサービスによる影響で睡眠の質が悪くなりやすいので注意が必要です。

友達との遊びや部活動で生活サイクルが歪になりやすく、3年生になれば受験勉強も入ってきますので夜更かしや休日の寝坊などが増えてくるのではないかと思います。

これらの修正や改善をしっかり行って睡眠の質を保っていくことで、身長を伸ばすことができます。

食生活の面はサプリメントを使うなどで改善しやすいですが、生活習慣の乱れは修正しにくくまた睡眠という身長を伸ばすために大事な要素に悪影響を与えるので、できる限り悪化する前に話し合う機会などを設けて対処していきたいところです。

中学生の頃は多感で世界が広がる大事な時期ですから、あまりにも行き過ぎた親の管理は問題があると思うのですが、身長という人生を決めてしまうよう大事な成長のための年代でもあるので、細心の注意で見守ってやる必要があるでしょう。

▽▽身長を伸ばすための最も適切なアプローチ方法を解説!
子供の身長を伸ばす方法をあたくしが明らかにします

-成長期に身長を伸ばす方法
-, ,

Copyright© 子供の身長を伸ばす方法をあたくしが明らかにします , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.