子供の身長を伸ばす方法をあたくしが明らかにします

まず子供の身長を伸ばす方法に確定的な手法はないと理解することが大切です。その上であたくしが背が伸びる可能性の高いアプローチのしかたを教えます。

身長を伸ばすストレッチ

ストレッチで身長を伸ばすことができる?

投稿日:

身長,伸ばす,ストレッチ

ストレッチによって身長が伸ばすことができるの?

身長を伸ばすということを考えた場合、多くの人は骨を伸ばすことを最初にイメージすると思います。

確かに間違いではないのですが、身体を構成している骨格にはそれを動かすための筋肉がセットなんですね。

筋肉はゴムのように収縮しますから、骨が伸びていくときに筋肉も一緒に伸びていかないと、強い抵抗となって骨の伸びを筋肉が邪魔してしまいます。

これを防ぐために柔軟な筋肉が必要ですから、柔軟運動、つまりストレッチが大切なんです。

成長期の子供ばかりでなく、ストレッチによって大人でも身長が伸びる場合がありますので、以下で詳しく説明していきます。

子供の身長を伸ばすためのストレッチ

成長期の子供は食事睡眠運動の3つがバランスよく揃うことで驚くほど身長が伸びますが、筋肉が柔軟にそれについていかないと骨の伸びを邪魔することになります。

しかもこれがひどい場合は成長痛として関節や筋肉そのものにも悪い影響がありますので、筋肉の柔軟性は成長期に必要な要素なのです。

筋肉の柔軟性を上げるためにはストレッチを行うのが最も簡単で手軽ですから、毎日の生活習慣に取り入れていきましょう。

このストレッチを怠るとまだ身長の伸び代があっても、身長が伸びなくなってしまいますから、非常にもったいないですよね。

このあたりを子供としっかり話し合って親子で遊び感覚を取り入れながらストレッチすると良いのではないかと思います。

またストレッチによる筋肉の柔軟性は運動による怪我の防止や運動の負担そのものを軽減することにも役立ちます。

運動も身長を伸ばすためのためには大切ですが、それによって怪我をしてしまうのも大変ですよね。

大人でもストレッチで身長が伸びる

身長,伸ばす,ストレッチ成長期の子供にストレッチが大切なように、大人にもストレッチは姿勢を正すという意味で大切なのです。

そしてストレッチを行うことで姿勢が正しくなると、数cm身長が伸びる場合があります

これは俗に「隠れ身長」と呼ばれるもので、昨今はパソコンやスマホなど目を使う生活習慣が当たり前になってきていますが、その「見る」という行為で無意識に身体が前に丸まっていることで身長が縮んでいる分が「隠れ身長」となってしまっているのです。いわゆる猫背状態ですね。

ですからストレッチによって筋肉をほぐすことでこの縮んだ分を伸ばせば大人でも身長が伸びるのです。

また正しい姿勢は肩こりや腰痛、その他の間接痛なども改善できますし、逆に姿勢が悪いままでいると内臓などにも悪影響を及ぼす場合があるので、お子さんと一緒にストレッチを習慣にすると健康に良いと思いますよ。

おすすめの身長を伸ばすためのストレッチ

成長期の子どもにおすすめな身長を伸ばすストレッチは、主に下半身、もも裏の筋肉ですね。スポーツではよくハムストリングと呼ばれる部位です。

高いところに足をかけて、そのまま前方に身体を倒すストレッチを10秒から20秒ほどで3~5セット行いましょう。

子供の成長痛を和らげてくれますし、大人の場合は間接痛を抑える効果があります。

続けて、立ったまま上半身を地面に向けて折り曲げていきます。スポーツ測定などでお馴染みの立居対前屈ですね。これも10秒~20秒の3~5セットで行いましょう。地面に手がつくようになるとかなりストレッチで筋肉が柔らかくなった証拠ですから、そこを目標にしましょう。

最後は正座したまま後ろに倒れて上半身を伸ばすストレッチです。ももの筋肉がかなり伸びるのを感じると思います。同時に上半身も背中や肩が伸ばせますから大人も子供も効果的なストレッチになりますよ。

以上の3種類はお手軽にやれるストレッチで負担を感じずに毎日の習慣にしやすいのではないかと思います。

▽▽身長を伸ばすための最も適切なアプローチ方法を解説!
子供の身長を伸ばす方法をあたくしが明らかにします

-身長を伸ばすストレッチ
-, ,

Copyright© 子供の身長を伸ばす方法をあたくしが明らかにします , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.