子供の身長を伸ばす方法をあたくしが明らかにします

まず子供の身長を伸ばす方法に確定的な手法はないと理解することが大切です。その上であたくしが背が伸びる可能性の高いアプローチのしかたを教えます。

身長を伸ばす手術

身長を伸ばす手術について

投稿日:

身長,伸ばす,手術

身長を伸ばす手術について調べてみました

成長期の子供であれば今身長が低くてもまだまだ伸ばすことは可能ですが、成長期を終えた大人の身長が伸びる可能性はほぼ0です。

およそ24歳くらいまで自然成長で身長が伸びる可能性は低いながらありますが、それ以降は絶望的です。

しかし身長を手術で伸ばすという方法が残されています。

手術法としてはイリザロフ法とISKD法の2種類が存在し、それぞれにメリットとデメリットがありますので、ここではそれについて調べてみた情報をご紹介します。

身長を伸ばす手術:イリザロフ法

イリザロフ法は人工的に切断した骨の部位を外部から隙間を開けながら器具で固定し、骨自体が隙間を埋めようと修復する力で骨を伸ばす手術です。

古くからある手術法ということでノウハウが確立されており、経験者も世界中に多数いることからくる安心感が大きなメリットです。

メリットまとめ

  1. 日本を含めた世界中で行われている安心感
  2. 症例が数多く術法やリハビリなどが洗練されている
  3. 手術によって最大10cm骨を伸ばせる
  4. 手術後から全体重をかけたリハビリが行える

デメリットはとにかく痛みがすごく、目標の長さに届く前に中止する人も多いそうです。手術痕が残ることや感染症にかかるリスクが大きいので、メリットとともによく考えてから手術を行いましょう。

デメリットまとめ

  1. 痛み止めでは抑えられないほど痛みがひどい
  2. 感染症になる確率が25%程と高くリスクが大きい
  3. 固定器が大きいため心理的ストレスが大きい
  4. 1日1mmしか伸びないので治療が長期にわたる
  5. 手術痕が残ってしまう

身長を伸ばす手術:ISKD法

ISKD法はイリザロフ法とは違い切断した骨の場所の内部に器具を埋め込み、外部からコントロールして隙間を開けていくので器具が目立たず、なんと術後その日のうちに自宅に帰れるというメリットがあります。

またイリザロフ法よりも格段に痛みが少なく、手術痕も目立ちません。

イリザロフ法よりも後に確立された手術法ですから、日本でも経験者が少ないのが不安材料となるかもしれませんね。

メリットまとめ

  1. 術後の痛みは当然あるが、術中の痛みがイリザロフ法よりも少ない
  2. 埋め込むため見た目で器具がついているかわかりにくい
  3. 手術が小規模のため感染症のリスクが低い
  4. 器具の性能が全てなので医師の技術に左右されない

しかしISKD法はアメリカが主流の手術法なので、新しいものですから日本で行っているクリニックが少ないのがデメリットです。

まずは行ける範囲でそのようなクリニックがあるのかを探すところから始めないといけないわけです。

また両足の手術で1000万が相場らしいので、かなり高額な手術になります。

さらに伸ばせる身長の長さがイリザロフ法より若干短いので、目標の身長に足りないのであれば選択しにくいかもしれません。

デメリットまとめ

  1. アメリカが主流のためISKD法に日本国内で対応しているクリニックが少ない
  2. 手術費用が非常に高額
  3. 1回の手術で伸ばせる長さ5~8cmとイリザロフ法より短い

身長を伸ばす手術は冷静に考えてみましょう

身長,伸ばす,手術以上、2つの手術を紹介しましたが、どちらも一長一短で、メリットもデメリットもあるわけですから落ち着いて冷静に考えてみましょう。

身長に関する悩みというのは数多くあるでしょうし、容姿に関わることなので本人には重大なことなのはわかりますが、ご紹介したようにかなりの痛みを伴う手術ですし、術後のリハビリも大変かと思います。

できるだけ冷静に慎重に、後悔のないようにするために、まず紹介しましたメリットとデメリットを突き合わせてじっくり考えてみるのをおすすめします。

▽▽身長を伸ばすための最も適切なアプローチ方法を解説!
子供の身長を伸ばす方法をあたくしが明らかにします

-身長を伸ばす手術
-, ,

Copyright© 子供の身長を伸ばす方法をあたくしが明らかにします , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.