子供の身長を伸ばす方法をあたくしが明らかにします

まず子供の身長を伸ばす方法に確定的な手法はないと理解することが大切です。その上であたくしが背が伸びる可能性の高いアプローチのしかたを教えます。

成長期に身長を伸ばす方法

身長を伸ばすには子供が小学校高学年頃に気をつけよう

投稿日:

身長,伸ばす,高学年頃

身長を伸ばすには小学校高学年頃が大事

子供の身長を伸ばすために何かしてやりたいと考えている親御さんは多いですが、具体的にどのように応援してやったり、気にかけてやればいいのかわからないことが多いかと思います。

他の子たちと比べても、成長には個人差があるのが当然なので、あまり意味がないことはわかっていても我が子のことですから心配は尽きませんよね。

身長を伸ばすためには食事、運動、睡眠の3つのカテゴリーでそれぞれ気をつけるべきことや、やっておきたいことがありますが、子供の成長のタイミングに上手く合わせてやらなければ、効果が半減してしまいますし、むしろ逆効果になったりします

大体小学校高学年頃が最も身長を伸ばす効果が活きやすいと言えますね。

まずは正しい知識を得て、その上でタイミングをしっかり計って応援してやりましょう。

身長を伸ばすなら小学校高学年頃

身長を伸ばすときに大事な働きを行うのが、皆さんもご存知の成長ホルモンですが、この成長ホルモンの分泌は大人になっても続いています。

しかし大人になると身長は伸びませんよね。これは性ホルモンがストップをかけるからなのですね。もちろん身長を伸ばす原資とも言える骨瑞線が成長しなくなるからというのもありますが、この性ホルモンが分泌され始めると身長を含む身体の成長は緩やかに止まっていくのです。

性ホルモンとは男性ホルモン、女性ホルモンのことで、学年で言うと大体高校生くらいから活発化します。女子は若干男子より早いので、女の子の方が精神的にも早く大人に近づきます。

高校生の年代も成長期ですから身長が伸びることはありますが、ほとんどの子供は性ホルモン影響でほぼストップするのが一般的です。

ですから身長を伸ばすなら小学校高学年から中学生の間がベストだと言えるのです。

小学校低学年までは無理のないサポートでOK

身長,伸ばす,高学年頃小学校高学年頃までの間も成長期ですからもちろん身長を伸ばすことは可能ですが、まだ食事の量も少なく、激しい運動は負荷が大きすぎて逆に成長を阻害するおそれがあります。

この頃は、食事で身長のための栄養を無理にとらせるよりは間食に牛乳を飲ませるとか、サプリメントで補ってやるくらいで良いでしょう。

もし牛乳嫌いな子供でしたら、ココアに牛乳を混ぜたりするとカルシウムとマグネシウムを同時に摂取できてバランスが良いですよ。

運動に関しても先に述べたように激しくならない程度に適度にさせるのが望ましいです。

ただ睡眠の改善はこの後成長期でずっと続けないといけませんから、この頃から早寝早起きの習慣を身につけさせておきたところです。

小学校高学年頃から身長を伸ばすために応援していきましょう

小学校高学年頃になると食事の量がかなり増えてきますので徐々に身長を伸ばすために必要な食品を織り交ぜていきたいです。

特にお腹が減ると間食が増えてきますが、スナック菓子よりバナナ、牛乳など腹持ちが良い上にカルシウムとマグネシウムを摂取できるものがいいですね。

運動はかなり激しいものでもこなせるようになりますが、飛び上がったり筋力が必要なものは中学生の部活で十分ですから、小学校までの間は止めておきましょう。

しっかり運動をして食事も栄養バランス満点なら、あとは睡眠の質を上げていきましょう。

睡眠は最初の3時間で深い眠りである徐波睡眠に到達できると、成長ホルモンの分泌量が増加すると言われていますので、寝る直前までの習慣を改善することが大切です。

まず寝る前の大体2時間前までには夕食を済ませて、消化による負担を減らしましょう。

後は寝る1時間前くらいにお風呂に入っておくと体内の深部温度が上昇することで眠りに入りやすく、睡眠を深いものにできます。

スマホやテレビも寝る直前まで見ているのはあまり良くないです。

これらの注意点を守った睡眠習慣を身につけると、眠りが深くなり身長を伸ばすのに効果的言えますね。

▽▽身長を伸ばすための最も適切なアプローチ方法を解説!
子供の身長を伸ばす方法をあたくしが明らかにします

-成長期に身長を伸ばす方法
-, ,

Copyright© 子供の身長を伸ばす方法をあたくしが明らかにします , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.